ZAO SKYRUN 2020 中止のお知らせ 

 

 本年9月12・13日に開催を予定しておりました「ZAO SKYRUN 2020」は、新型コロナウイルス感染拡大に対する安全面を最優先に考え、開催中止を決定いたしました。

 新型コロナウイルスの感染拡大が先を見通せない状況となっている中、実行委員会では、大会を安全に開催するための方策を探ってきました。しかし、山形市内において今秋開催される文化・スポーツ系のイベントが中止となっている状況下において、大会に関わるすべての方々にとって安心・安全な大会開催が難しいと考え、やむを得ず開催中止の判断をいたしました。

 本大会を心待ちにしていた山岳ランナー、ボランティアの皆様を始め、関係者の皆様には大変残念な中止決定でございますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 また、2021年の開催の実現に向けて引き続き努めてまいりますので、今後とも「ZAO SKYRUN」へご支援、ご協力くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

ZAO SKYRUN実行委員会
実行委員長 松本 大

81308167_1333823760134425_42207661353242
81308167_1333823760134425_42207661353242

PARTNERS

 

TOP PARTNER

CORPORATE PARTNERS

PARTNERS

​ABOUT

 

​日本百名山・蔵王山の山頂まで駆け登る、スカイランニング(快速登山・登山競走)の大会です。2日間で初心者向きのバーティカル、中・上級者向きのスカイレースなど、計5種目を開催します。

「一般部門」と同時に、上級者限定の「エリート部門」も設置します。2020スカイランニング東北選手権となります。東北で国内最高レベルのアスリートたちのパフォーマンスを観戦するできる唯一の機会です。

​開催地は樹氷で有名な山形県の蔵王温泉。硫黄たっぷりの名湯が湧き出る温泉地であり、レース前・レース後の宿泊・観光も含めて、仲間・家族で楽しむことができます。

家族や仲間で応援するのも楽しいレースです。コースは蔵王ロープウェイ沿いに設定していますので移動も楽チン。観客も主役のヨーロピアン・スタイルの山岳レースです。

森林限界を抜けた先にある「空と地球が出会う場所」がレースの舞台です。お釜周辺は日本を代表する山岳風景が広がります。スカイランニングの世界観を存分に楽しむことができます。

 

​VERTICAL

​蔵王ロープウェイ山麓駅をスタートし、ロープウェイ山頂駅のある地蔵岳(標高1736m)の山頂がゴールになります。冬は樹氷で有名な蔵王スキー場のゲレンデを下から上まで全て駆け登ります。距離5.5kmで標高差880m。応援も楽しいコース設定です。

下りは苦手という方もご安心ください。ゴールにたどり着けば、下りはロープウェイで楽々下山が出来ます。制限時間も2時間たっぷりなので、ほぼほぼ歩いてもゴールできます。これから山岳ランニングをやっていきたいという初心者の方にもおススメの種目がバーティカルです。

※9月の蔵王山は、悪天候時は低温であり、低体温症のリスクもあります。山岳初心者でも必携装備の準備は、あらかじめしておきましょう。

山のマナーと安全についての基本的な知識を教える動画です。スタッフのいない下見は危険・自己責任が伴います。まずは経験者と登りましょう。

​SPEED

バーティカルの表彰式前。選手たちが山麓駅までロープウェイで降りてきたタイミングで、標高差100mを駆け登る短距離種目の「スピード」をエキシビジョンレースとして開催します。参加無料、事前登録不要の飛び入り参加OKです。選手だけでなく、バーティカルで応援・スタッフをした人も大歓迎。蔵王の斜面を、全力ダッシュで駆け登ろう!!

【会場:蔵王ロープウェイ山麓駅付近】

16:30 小学生スタート 

16:35 中学生スタート 

16:40 一般スタート

表 彰:各部門1~3位(男女別)


※レース参加は自己責任となります。準備運動をした上でご参加ください。

 

​SKYRACE

登山の醍醐味の基本は、シンプルにひとつの山岳を攻略すること、そして、テクニカルなルートをスムーズに攻略することにあります。無駄な距離稼ぎは無し。目の前に高く聳える蔵王山(標高差1841m=最高峰・熊野岳)と真正面に対峙できる「真の山岳レース」となります。

蔵王山の景観は東北随一といえます。空と地球が出会う場所へ駆け登るスカイレースの醍醐味は山頂からの美しい景色です。エメラルドグリーンに輝く火口湖の「お釜」は自分の脚で登ったからこそ感動する美しさがあります。山頂からのダウンヒルもスカイレースの醍醐味です。岩場→登山道→ゲレンデと変化に富んだサーフェイスのコース(標高差1000m)を一気に駆け下ります。山岳の透明な風になりましょう。
 

※体力や技術にあったペースで「無事下山」することが何よりも大事です

​※バーティカル・スカイレース2日間のコンバインド表彰もあります

長いゲレンデ登りはロープウェイで楽々。スカイレースの「醍醐味」の区間だけを楽しめるのが「ファン」です。登りで体力を消耗しない分、山岳初中級者の方も最高峰の熊野岳に立ち、そこからの爽快なダウンヒルを体験することができます。山頂付近はテクニカルな岩場なので、山岳を進む基本的な技術は必要となります。慌てず急がず、安全第一で、蔵王山を仲間と一緒に楽しみましょう!!
 

※体力や技術にあったペースで「無事下山」することが何よりも大事です

​※ファン部門はタイムを競う競技部門でないため表彰はありません

2020 SERIES

 

​2020 SKYRUNNER JAPAN SERIES

​山岳ランニングの国内最高峰シリーズ戦が同時に開催されます。JSA(日本スカイランニング協会)登録選手のみのエリート部門となります。

また、エリート部門は東北在住のスカイランナーで競われる「2020スカイランニング東北選手権」も兼ねています。

​バーティカルとスカイレースの2種目において同時に開催される「エリート部門」は、日本における山岳ランニングの最高峰シリーズ戦であるスカイランナージャパンシリーズ(SJS)の本戦となります。日本各地からトップ選手が蔵王に集結します。蔵王ロープウエイを使っての観戦登山もZAO SKYRUNの楽しみ方になります。バーティカルは一般部門と同じコースを時間差をつけて一斉スタートします。スカイレースは一般部門よりも難易度の高いコースを設定します(ISF基準を満たしたコース設定)。

​2020 JUNIOR SERIES

中学生・高校生を対象にしたジュニアシリーズも同時に開催されます。日本の山岳スポーツの未来を担うスカイランナーを皆で応援しましょう!!

​※JSA登録選手以外も対象に含めます。スカイランニング未経験も大歓迎。東北地方の中学生・高校生の皆さんもぜひ挑戦してみてください。

​ENTRY

 

​09.12-13日開催決定

新型コロナ感染拡大の状況を判断しつつ​

7月エントリー開始予定
合計800名(先着)

ランネットスポーツエントリーにてエントリーを受け付けます。お申込みされた方には1週間前までに最終案内が送られます。​

 

ACCESS

​アクセス

会場の「蔵王温泉」へは自家用車、もしくは、公共交通機関(電車+バス)でアクセスできます。

​※注意点

・自家用車でお越しになる方は指定された駐車場(体育館及びジャンプ台周辺を予定)に停車してください。

・大会参加者専用の送迎バスはありません。山形市内などからのアクセスは公共交通機関をご利用ください

宿泊(合宿にも便利)

​宿泊は大会会場となる山形市の蔵王温泉の各宿泊施設が便利です。自家用車の方は上山市の蔵王坊平高原のホテル・ペンション村もご利用可能です。なお、各スポーツの合宿にも便利な施設が蔵王周辺には揃っています。季節を通して蔵王山にお越しください。

​VOLUNTEER

 

大会を支えてくださる

ボランティア・スタッフを募集いたします!

 

・内容:受付係、誘導係、救護係、エイド係、スイーパー

・特典:スタッフ限定Tシャツ・ロープウェイ乗車など
・昼食:大会側で準備いたします

・宿泊:2日間お手伝いいただける方は会場付近に準備する予定です

・交通:自家用車、もしくは、公共交通機関でお越しください

・応募:こちらのグーグルフォームよりお申込みください

​ ボランティアスタッフ申込み(工事中) 

 

​CONTACT

​SKYRUNNING 
JAPAN

〒386-0012
長野県上田市中央西1-14-8

TEL 0268-71-7715

  • White Facebook Icon
  • White YouTube Icon
GET IN TOUCH

 

© ZAO SKYRUN